イベントに来てもらう先生の講師料の価格を調査!

講演会の費用

男女

諸経費もちゃんと計算する

イベントで講演会を開きたい人も多いと思いますが、講演会を主催した経験のない人にとっては、講師を呼ぶのにどれくらい費用がかかるのか心配な人も少なくないでしょう。目的や講演内容によっても異なりますが、講演会の開催にはある程度まとまった費用が必要になります。具体的にどのような費用がかかるのか、以下に示してみます。まず講師本人に支払われるのが講師料です。これはいわゆる謝礼金にあたり、招待する講師によって具体的な金額は異なります。講師料の目安としては低くて5万円程度、高い場合には数百万円かかるケースもあります。この講師料の違いは、講師の人気度や著名度に左右され、誰しもが知っているような有名人は総じて講師料も高額になります。その分集客力や注目度も高くなりますし、何度も講演会に呼ばれている人は場の盛り上げ方をよく知っているので、会場の満足度も高くなります。講師料にプラスして必要になるのが、講師の人が実際に足を運ぶための交通費、そして日をまたぐ場合の宿泊費です。これらは講演会の仲介業者を介した場合でも講師料に含まれない事が多いので、別途見繕います。飛行機を用意しなければいけないケースもあり、そうなると交通費だけで10万円を超す可能性もあるので気をつけましょう。この他に有名なタレントの場合には、ヘアメイク代なども必要になるケースがあります。さらに会場に自前の施設を用いず、ホールなどを借りた場合にはそのレンタル料、そして宣伝をかけるならその広告費用なども必要になります。講師料ばかりに目が行きがちですが、諸経費のほうが多く必要なケースも多いです。後々予算オーバーになって講演が中止になってしまわないよう、事前にしっかりと予算をたててください。