笑顔の女性

健康食品を賢く活用する秘策【女性ホルモンを増やす方法解明】

辛い更年期症状を緩和

薬剤

更年期障害とは、閉経前後十年間ほどの間に起こる様々な精神的身体的不調のことです。その原因はホルモンバランスの乱れが主なものです。エストロゲンという女性ホルモンが急激に減少し、卵胞刺激ホルモンが増加することで、ほてりやめまい、動悸、発汗などの症状がおきます。こうしたホルモンバランスの乱れに、子供の独立や夫婦関係の変化などの精神的ストレスなども加わって更年期障害が起こると言われています。こうした症状を緩和するために、ホルモン剤や漢方薬などの薬が処方されることがあります。様々なストレス要因がある現代では、今後も更年期障害はひどくなると考えられるため、薬を使用して緩和させたいと考える人は増加していくでしょう。

更年期障害に処方される薬としては、ホルモン剤、漢方などが中心です。うつ、不眠、食欲減退などの具体的症状にはそれに応じた薬が処方されることもあります。薬による治療のメリットは、ある程度の確実な効果が見込めるという点、処方されたものならば医師に定期的に相談ができるという点、一種のプラシーボ効果があるという点です。更年期障害の症状は、病気とわかりにくい症状も多く、周りの理解が得られず辛いこともあります。そういった症状を医師に相談するだけでも気持ちが楽になるという人もいますし、また具体的に治療をしていると考えるだけで気持ちが前向きになることもあります。そのため、以前に比べて受診して薬による治療をするという人は増えてきています。